スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時は はやく すぎる 光る 星は 消える

2013年10月13日
戦争を実体験として知っていた方が亡くなりました。

勇気りんりん・元気百倍に彩られた中に垣間見える
ペーソスが好きでした。

これからの正義の話をしようと机上で論述を振り回す人がいるこの時代に
日本人の正義とは困った人にパンを差し出すこと
と明快な回答を持っていた方でした。

手のひらを太陽には
家で机に向かいながらスタンドの電球に手のひらを透かして
できた歌というのが好きなエピソードのひとつです。
あと三越の包装紙のエピソードも好きです。

「生きているから嬉しいんだ」と歌うよりも
先に来てしまう「生きているから悲しいんだ」

もし自信をなくして くじけそうになったら 
いいことだけ いいことだけ 思い出せ

うれしいんだ 生きるよろこび
たとえ 胸の傷がいたんでも

時は はやく すぎる 光る 星は 消える
だから 君は いくんだ ほほえんで

94歳 心不全
ガンとはいえ、大往生と言えるのではないかと
思いつつもやはり悲しいです。

ところで、中身はつぶあんだそうです。
以前そう答えてらっしゃいましたから。

ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト

僕らが生まれてくるずっとずっと前にはもう

2012年08月25日
タイトルで書いた歌の続きには
「このままのスピードで世界が回ったら アポロ100号はどこまでいけるんだろう?」とあるのですが、
「アポロ計画」は元々「月への有人宇宙飛行計画」だから
アポロはいつまでたっても月にまでしか行かないよ。と思っていました。
「アポロ」は日本ではお菓子にもなりました。
あの形は「アポロ」の「帰還船」を模しています。

でも、今アメリカは有人で月まで到達することはできないと聞きました。
発展しかない分野だと勝手に思っていたので、
昔できたことが今できなくなっているなど思いもよりませんでした。(予算とかの関係らしいけど。)

遺族の声明の一部は
「澄んだ夜、月があなた方にほほ笑みかけるとき、
 アームストロングのことを思い出し、ウィンクしてほしい」

小さな一歩に敬意を表しつつ、
ご冥福をお祈りいたします。

霧笛

2012年06月05日
「社交ダンスが終わった夜に(2008年発行、御年88歳)」を、
衰えることの無い創作意欲に感動しつつ、ちょうど読み返していたところだったのに・・・。

国語の教科書に載っていた「霧笛」が出会いだった。
仲間がみな死に絶えてしまい、100万年も 独りぼっちで深い海の奥底にいた恐竜が
灯台を仲間だと思って咆哮する悲哀に満ち満ちた声を覚えておいでの方もいるのではないでしょうか。
シュールでリリカルで寂寥感としか言いようの無いたまらないものを書く方だった。

2012年6月5日 91歳

ご冥福をお祈りいたします。

Just one more thing

2011年06月23日
「あともうひとつだけ」
「うちのカミさんが」
最初に犯人が分かるからどうしても犯人に感情移入しちゃってドキドキして
「あともうひとつだけ」って引きかえされて言われると
「ぎゃーっ」ってなる。心臓に悪い!!好きじゃなかったなぁ(笑)

>ロサンゼルス近郊のビバリーヒルズの自宅で死去した。83歳だった。
>詳しい死因は不明だが、2008年ごろよりアルツハイマー病を患い闘病生活を送っていた。
>診察した医師によると人の判別が困難になり、もはや自分がコロンボであったことさえも
>認識できない状態だったという。

35年間も「刑事コロンボ」でありつづけた方。

ご冥福をお祈り申し上げます。

素顔同盟

2011年06月12日
教科書に載っていたお話です。
覚えてる方も多いのではないのでしょうか。
書いた方が亡くなりました。
享年60歳 まだお若い方だったということに驚きました。

ご冥福をお祈りいたします。
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。